タレント

平手友梨奈は怪我が多すぎ!2020年も手にアザや傷が残ってる?原因と現在の容体は?

欅坂46の元メンバーである平手友梨奈さん。

欅坂46に所属していた頃から度々の体調不良や怪我で休養していて、ファンからは心配の声があがっていました。

グループを脱退して2020年現在、FNS歌謡祭で森山直太朗さんと共演したダンスが話題になりました。

ですが、ダンスの途中で手がアップになると、アザのような傷がたくさんあり、「その傷は何?」と心配する声もあがっています。

今日は平手友梨奈さんが怪我を繰り返していた原因について、2020FNS歌謡祭での手のアザや傷の画像から現在の容体について書いていきます。

平手友梨奈が怪我・体調不良を起こしすぎ!時系列でまとめ

平手友梨奈さんは欅坂46に所属していた頃、怪我や体調不良で休養しなければならない期間が多く、心配するファンも多くいました。

過去の怪我を時系列で見ていきましょう。

2017年・紅白で腕を怪我

2017年の大晦日に行われた紅白で、欅坂46は代表曲である「不協和音」のパフォーマンスを行ったとき、平手友梨奈さんは腕を負傷過呼吸引き起こしています。

紅白では、平手友梨奈さんは2度ステージに上がっていました。

  • 1回目は紅組としてのパフォーマンス
  • 2回目は内村光良さんとのコラボパフォーマンス

1度目のパフォーマンスで順番に倒れていくような振り付けがあるのですが、ここでセンターの平手友梨奈さんは腕を強く打ち付けてしまったようなのです。

そして、2度目のパフォーマンスである内村光良さんとのコラボでは、腕をかばうような仕草をしたり、全体的にフラフラとしている様子でした。

パフォーマンスはなんとかやりきりましたが、直後に過呼吸になって倒れてしまったそうです。

結局、2017年の紅白で平手友梨奈さんは上腕三頭筋損傷、全治1ヶ月の怪我を負ってしまいます。

2018年・アリーナツアーで打撲

2018年に行われた欅坂46 夏の全国アリーナツアー』で激しいダンスを踊った後に平手友梨奈さんが花道から落下してしまいます。

落下後にステージから一度退場し、軽い打撲と診断。

しかし病院で打撲という診断を受けた後、すぐにステージに戻りアンコール曲のパフォーマンスに参加しています。

ステージから落下した理由としては、平手友梨奈さんがパフォーマンスに集中しすぎていたのでは?と言われています。

「実は落下アクシデントが起きたこの日の『ガラスを割れ!』のパフォーマンスは過去最高の迫力と言われているほど、圧巻のパフォーマンスでした。

ステージを照らす照明も追いつかないほどの激しい動きで、まさに“狂気”に満ちていたと言うしかないほど踊りまくっていました」(アイドル誌ライター)

出典:asagei plus

打撲とは言っても、ステージから転落ということで結構高さもあったでしょうから、かなり全身を打ちつけてしまったのではないでしょうか。

その後にパフォーマンスに戻ってくるプロ根性がすごいです!

2018年・全身テーピングでパフォーマンス

2018年には歌番組やライブでパフォーマンスする時には、全身をテーピングでグルグルと巻きつけて登場するようになります。

手・腕だけでなく、脚全体もテーピングが巻かれているのが分かります。

ファンからもテーピングを巻いた姿で登場する平手友梨奈さんに心配の声が多くあがっていました。

2018年・治療に専念

そして、2018年に身体の不調からダンスパフォーマンスができないと判断し治療に専念していました。

かなり身体のいろいろな部位を怪我していたことが分かりますね。

欅坂46のダンスパフォーマンスは前衛的なダンスで激しいものが多かったので、その影響なのでしょうか・・・。

平手友梨奈に怪我が多い原因は?

平手友梨奈さんの怪我について、時系列で見ていくと、かなり怪我の回数が多いですよね!

なぜこんなに怪我が多いのか、原因について考えてみました。

センターポジションのプレッシャー

平手友梨奈さんは欅坂46の「絶対的エース」としてデビュー時から注目を集め、常にセンターポジションとしてグループを引っ張ってきました。

平手友梨奈さんのカリスマ性から、欅坂46のセンターは平手友梨奈さん以外にはありえない!という空気ができ、その中で相当なプレッシャーがあったのではないでしょうか。

センターポジション・絶対的エースというプレッシャーからダンスや表現の練習を頑張りすぎたり、ステージで全力を出しすぎたという可能性も考えられます。

欅坂46の激しいパフォーマンス

欅坂46は「笑わないアイドル」として売り出していて、表現は前衛的な曲が多く、ダンスもかなり激しいものが多かったですね。

2017年の紅白で倒れる振り付けで腕を強打してしまったように、ダンス振り付けがかなり体に負担がかかるものだったということも考えられます。

平手友梨奈の憑依型な性格

平手友梨奈さんは「憑依型アイドル」と言われるくらい、パフォーマンスにのめり込んでしまう性格のようです。

2018年のライブでステージから転落してしまった時も、全力でパフォーマンスしすぎて周りが見えなくなっていたのでは?と言われています。

「ステージに上がるとまるで別人のようなパフォーマンスを見せることから“憑依型アイドル”ともいわれている平手ですが、3日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)でも、『(歌ってる時の)記憶があまりなくて…』と話していました。

実際、全力パフォーマンスになると、パフォーマンス中の記憶が飛んでしまうということはザラのようですよ。

今回の幕張でのライブは地方公演よりも一段階ギアが上がっていたようにも感じましたから、ステージからの落下アクシデントが起きてしまったのもうなずけます」(アイドル誌ライター)

出典:asagei plus

全身で曲を表現する力があるのが平手友梨奈さんの魅力だと思うのですが、それが行き過ぎると怪我につながってしまうのかもしれません。。。

2020年現在の平手友梨奈の怪我の状態は?

2020年1月に欅坂46から脱退し、ソロで活動を続けている平手友梨奈さん。

欅坂46に所属していたときは、プレッシャーや過激なダンスの影響もあってか、怪我が絶えませんでしたが、現在の怪我の状態はどうなのか?調べてみました。

2020FNS歌謡祭夏で平手友梨奈のダンスが凄いと話題に

欅坂46を脱退後にソロで活動している平手友梨奈さんですが、2020年FNS歌謡祭夏では森山直太朗さんとコラボして前衛的なコンテンポラリーダンスを披露しています。

それがこちらのダンスです。

コンテンポラリーダンスで、大衆的なダンスではないので表現力が求められますが、さすが平手友梨奈さん、上手に表現していますね!

世間の声を見ても、ダンスの凄さや表現力が絶賛されていました!

伸び伸びをダンスを踊っていて、以前のようなフラフラした感じもないですし、怪我の容体もよくなってきているように見えますね!!

ちなみに、平手友梨奈さんと一緒に踊っていた女の子もスゴイ経歴の持ち主のようです!

平手友梨奈と共演の子供ダンサー・みおしめじが凄い!【FNS・生きてることが辛いなら】FNS歌謡祭で森山直太朗さんの「生きてることが辛いなら」で平手友梨奈さんがコラボでダンスを披露し、「感動した」「表現力がすごい」と話題に...

2020FNS歌謡祭夏で平手友梨奈の手・腕にアザのような傷がたくさんある?

2020FNS歌謡祭のダンスを遠くから見ていると、伸び伸びと踊っていて、元気になったように見えますよね!

ですが平手友梨奈さんのダンスシーンをよーく見ると、手や腕がアップになった時に、アザのような傷がたくさんあることがわかります。

傷に気づいた人は、「手のアザは大丈夫?」「根性焼き?」と心配する声があがりました。

画像をみると、平手友梨奈さんの手の甲や肘のあたりに、いくつもの傷跡があることが確認できますね。

今までテーピングを巻いて隠れていた傷が、テーピングを外すことによって明らかになったということのようです。

傷跡は確かに心配になりますが、怪我の状態が良くなったからテーピングを外したのだと思いますし、怪我の状態は良くなっているのではないでしょうか?

ダンスを観ても、明らかに欅坂46に所属していたときよりも伸び伸びと表現しているように見えます。

欅坂46を脱退し、現在はソロで活動しているので、以前よりはマイペースで活動できているのかもしれません。

ダンスの表現力は欅坂46時代に培ってきたものだと思いますので、これからも平手友梨奈さんのペースで表現をしていってほしいですね!

【2021最新】平手友梨奈のショートヘア髪型画像まとめ!巻き方やセット方法も調査!元欅坂46の平手友梨奈さん。 現在はソロで活動し、歌手活動や女優としても大活躍中ですよね! 中性的な雰囲気で可愛さとカッコ良さも兼ね...
【画像比較】平手友梨奈が激痩せの理由はストレス解放や薬の影響?ファンからは心配の声も元欅坂46のエース・平手友梨奈さん。 2020年に欅坂グループを脱退しましたが、それ以降もテレビに多く出演し、大人気ですよね! 20...
【画像】平手友梨奈の兄がイケメンすぎ!現在の就職先や兄弟仲のエピソードも!元欅坂46のメンバーで現在は歌手・女優としても活躍中の平手友梨奈さん。 可愛らしいルックスとクールな雰囲気で男女問わず大人気ですよね!...