旅行

インドでの買い物は値下げ交渉必須!実体験から学んだコツを紹介します

インド旅行の醍醐味の一つがローカルマーケットでインドならではの商品を買うことです。現地の人も日常生活で使用しているローカルマーケットで買い物をすることは、インドの文化も見ることができて本当におすすめです。

ですが、インドでの買い物は値引き交渉が必須です。値引かれることを想定して店側が元々高めの価格をつけていることも多いため、定価で買うとぼったくりに近いような値段で買うことになることもあります。

今日は私が実際にインドで値引き交渉を経験して学んだポイントをご紹介します。

インド旅行で値下げ交渉するべきパターンは?

値下げ交渉は必須!とはいえ、すべてに交渉していたら時間もかかってしまいます。

交渉してみる価値があるパターンはこちら。

  • 明らかに相場より価格が高いとき。
  • 欲しい商品ではあるけど、価格が高くて手が出ないとき。もう少し値段が低ければ手が届きそうなとき。
  • 同じ店でのまとめ買いを検討しているとき。

これに1つでも当てはまる場合は、積極的に値引き交渉をしていく価値があります。

私もインド旅行で何度も交渉しましたが、ほとんどすべてが安い値段で買うことができ、お店の人も嫌な顔をする人はいませんでした

インド旅行の醍醐味の1つとして、以下の点に注意しながら買い物をしてみてください。

インドで価格交渉を行うときに絶対気を付けたい注意点は?

まず始めにお伝えしておきたい注意点はこちら。

お店側からすると値段交渉をしてくる=買う気があるんだな、と認識して日本では考えられないくらいグイグイ営業してきます。
買う気がないのに交渉をすることはトラブルの元にもなるので注意しましょう!

以上の点に念頭に置いていただいて、買い物を楽しみましょう!

初めは購入の希望額よりも低い値段を言う

気に入った物があるけど予算以上のとき、もう少し値下げできないかお店の人に聞くところから交渉が始まります。

すると大抵、「予算はいくらなのか?」と聞かれます。

値下げ交渉が1回で終わることはほぼ無いので、最初は希望額よりも低い値段を言ってみるのがポイントです。

そうすると、店側はお客さんが言った値段より少し高めの金額を提示してきます。

そこで買ってしまっても良いですが、時間があればさらに粘って交渉すると値引きしてくれる可能性もあります。

これを2~3回繰り返すと、これ以上は値下げできないという金額になってくるので、その値段で買います。

同じお店で他に気になる商品があれば、まとめて買うとお得!

価格交渉をして粘っても予算内に収まらない場合、お店の中で他に購入したい商品があればそれを追加してまとめ買いすることで、さらに値下げしてもらえるケースが多いです。

私はよく、一緒に行った友人と同時に同じ商品を複数買うことで交渉していました。

一人でまとめ買いするほど必要な物もないし・・という方にはこの「友人と一緒に買う」という買い方を是非おすすめしたいです。

趣味が合う友達と行く場合は、一緒に交渉してみると楽しい体験ができると思います。

インドのジンクスを利用すればさらにお得に買い物できるかも?

インドには「朝早く来たお客さんが買い物をしてくれると、1日の売り上げが良くなる」というジンクスがあるそうです。

なので、朝早いうちに買い物ができる日程であれば、さらにお得な値段で商品がゲットできるかも(?)しれません。

どうしても予算に収まらない場合は買わなくてOK

最初に書いたように値下げ交渉は、あくまでも買う意志はあるけど予算が足りない時に行うもの。

インドではこちらに買う気があると分かると、かなりプレッシャーをかけて営業してくる方が多く、買わずには店を出れない雰囲気になってしまうこともあります

でも交渉してもどうしても折り合いがつかない時は、無理して購入しなくてもOKです。

買う意志がなくなった時には、すぐに購入しないことを伝えて相手に期待を持たせないようにすると双方がイライラせずに済みます。

まとめ

最初は面倒と思いがちな値段交渉ですが、大事なのはお店の人とのコミュニケーションをとる感覚でトライしてみること

何度も繰り返しますが、相手も商売をすることで生計を立てているので、買う気のない値下げ交渉をすることは絶対にNGです。

売る側も買う側もハッピーな気分でお買い物できれば、インド旅行の素敵な思い出になります。

ローカルマーケットなどでインド土産を購入するときには、是非このポイントを参考にしてみてください。