ヨガ

リラックス系ヨガの音楽でオススメなキルタン&マントラ系歌手6選!

自宅でヨガをするときにヒーリング系の音楽をかけるとより一層リラックスした気分になります。

今日は特に「歌うヨガ」といわれヨギに親しまれているキルタンやマントラの曲でおすすめの歌手をご紹介します。

マントラとは何?「歌うヨガ」と言われているキルタンとは?

「マントラ」とか「キルタン」とかという言葉はヨガをしていない方には馴染みがない言葉だと思います。どんなものなのか、簡単にご紹介していきます。

マントラとは?

マントラはサンスクリット語の言葉で、日本では「真言」と訳されます。
言葉の音から発せられるバイブレーションが神聖なものとされていて、昔から引き継がれている神秘的な言葉です。

ヨガクラスの中で唱えることが多く、インドではヨガと無関係に日常生活の中でマントラを唱える習慣もあります。

本来の昔から継承されてきたマントラは音楽に乗せて歌うものではないですが、近年では欧米などでマントラを音楽にあわせて歌うアーティストも増えています。この記事では現代風にアレンジされた、マントラソングを歌っている歌手をご紹介します。

キルタンとは?

キルタンとは、インド発祥のヨガの種類であるバクティヨガで行われる行為の一つです。

バクティヨガは「愛と献身のヨガ」とも言われ、神へ愛を捧げることで自分自身を調和のとれた状態にしていこうとするヨガです。

キルタンは神の名前を音楽にのせて繰り返し歌う讃美歌のようなもので、「歌うヨガ」とも呼ばれています。

神の名前を繰り返し繰り返し唱えることで、それに集中して他の雑念を消してしまう。そして純粋な心になっていくということを目的にしています。

おすすめのキルタン&マントラソングをアーティスト別に紹介

​Daphne Tse(ダフネ・ツェ)

ダフネ・ツェはテキサス出身の女性シンガーソングライターです。

ダフネ自身もヨガを実践しています。日本にも度々来日し、キルタンやバクティヨガ等のワークショップを行っています。

アコースティックギターを弾きながら歌う曲が多いのが特徴。歌声は癒される優しい声ですが、割とパワフルでもあり、元気が湧いてくるような曲が多いです。

おすすめの曲は「Saraswati Matta」「Om Shanti」です。どちらも「Mata」というアルバムの中に入っています。


Deva Premal(デヴァ・プレマール)

デヴァ・プレマールはドイツ人の女性シンガーです。音楽に合わせてマントラを唱えるように歌うスタイルを確立させ、「マントラの女王」とも呼ばれています。

ヨガクラスのBGMでよく使用されている有名なアーティストです。

特におすすめの人気曲は「Om Namo Bhagavate」「Gayatri Mantra」。他の曲も本当に綺麗な歌声で心が洗われるような気分になります

個人的には厳かな雰囲気の曲が多い印象のアーティストだなと思います。

また、Deva Premal&mitenとして、夫婦でも活動をしています。

Wah!(ワー)

ワーもデヴァ・プレマールと同じ、マントラを歌う女性シンガーです。
デヴァ・プレマールが好きな方はワーの曲も気に入ると思うので是非聴いてみて下さい。

全体的にゆったりした音楽で、特に「Closing」という曲はクールダウンにもぴったりです。

Snatam Kaur(スナータム・カウアー)

スナータム・カウアーはピュアで透明感のある歌声が魅力な女性シンガーです。

他のマントラソングを歌っているアーティストに比べ、明るい印象が強いです。
マントラソングというとヨガに馴染みのない方は少し怪しげに感じそうな曲も多いのですが、スナータム・カウアーの曲はヨガをしていない人でも聞きやすいと思います。

おすすめの曲は「Ong Namo」,「Mul Mantra」です。

Donna De Lory(ドナ・デ・ロリー)

ドナ・デ・ロリーは以前はマドンナのバックコーラスを務めていたこともあり、ポップス系の歌手でした。

2006年くらいから、ヨガにも合うような曲をリリースしています。

特に「He Ma Durga」という曲がおすすめです。「The Lover and the Beloved」というアルバムで、ポップス風にアレンジされた曲を聴くことができます。

アップテンポな曲が好きな方におすすめのアーティストです。

Krishna Das(クリシュナ・ダス)

クリシュナ・ダスはキルタンを歌っている男性歌手です。

インドでバクティヨガを学び、世界中にキルタンを広めた人物として有名で「ヨガのロックスター」とも呼ばれているとか。
2013年にはグラミー賞にもノミネートされています

キルタンやマントラソングの歌手は女性が多いイメージですが、男性ボーカルのキルタンは低音が落ち着く感じがして、女性ボーカルとはまた違う心地よさがあります

個人的に女性ボーカルのマントラソングは高音が続くので、ずっと聞いていると疲れてしまうこともあるのですが、クリシュナ・ダスの曲はずっと聴いていられる安心感があります。

おすすめの曲は「Baba Hanuman」です。

まとめ

言葉の音自体に神聖な効果があると言われているマントラやキルタンを聴くと、イライラしているときでも心が落ち着いてくるような感覚があります。

この記事で紹介したアーティストの曲はヨガのとき以外でも、普通に音楽として楽しめるものが多いので、是非聴いてみて下さい。