ヨガ

ヨガインストラクターに資格は必要?養成スクールで失敗しない選び方は?

ヨガのインストラクターに憧れ、資格にも興味がある。でも調べているとヨガの資格がとれる養成スクールが沢山ありすぎて、どうやって選べば良いか分からない・・。そう思う方は多いのではないかな?と思います。

私は数年前、ヨガのスクール選びでとっても迷ったことがあり、自分で調べたり口コミを聞いたりして情報収集した経験があります。

私も今は都内複数の常温ヨガスタジオでインストラクターとしてレギュラークラスを担当していますが、自信をもって指導ができるのは本当にヨガ養成校で教えてもらった知識のおかげだなと思っています。

今日は、世の中に溢れるヨガインストラクター養成スクールの中から後悔しない講座を選べるようにヨガの資格に関することスクールを選ぶときのポイント現役ヨガインストラクターである管理人の視点でご紹介します。

ヨガインストラクターの資格は?

ヨガインストラクターの多くは資格がとれるインストラクター養成講座を受講しています。

インストラクターとして活動するのに資格は必須ではありませんが、ヨガを独学や通常のクラスへの参加のみで学ぶのは、難しいし効率が良くないです。

インストラクター養成講座では広範囲にわたるヨガの知識を体系的に学ぶことができるので、インストラクターになりたい方はもちろん、インストラクターは目指していないけどもっと深くヨガを知りたい!という方も多く受講しています

ヨガの資格は料金・質ともにピンからキリまでありますが、現在日本でメインとなっている資格をご紹介します。

全米ヨガアライアンス(RYT200)とは?

全米ヨガアライアンス200時間(RYT200)とは世界中で最も有名なヨガ資格です。

講座を修了した後、全米ヨガアライアンスに申請すると認定講師の登録をすることができます。認定講師になるとインストラクターとして活動するときのプロフィールに「全米アライアンスRYT200」と記載することができ、自分が一定の基準をクリアしたヨガ講師であることを証明することができる資格です。

RYT200がとれる養成講座では、200時間のヨガの学びの中で、ヨガの各分野を直接講師から学ぶことが保証されます。もちろん他の資格がとれる講座でも良い講座はあると思いますが、一つの基準として全米ヨガアライアンス認定校であるかどうか?ということをインストラクター養成スクール選びの時には考えてみても良いかもしれません

ヨガインストラクター養成講座の費用と期間は?

ヨガ資格講座にかかる費用の相場は?

ヨガインストラクター養成講座の料金はピンからキリまでありますが、RYT200が取れるコースだと50万円前後が相場のように思います。

全米アライアンス登録のないコースではもっと割安の講座もあるし、逆に100万円以上する講座もあります。

いずれにしても決して安い金額ではないので、自分に合った講座を慎重に選び取っていきたいですね

インストラクター養成講座の期間は?

養成講座の期間は、大体次のパターンに分かれている印象です。

  • 週2回5時間程度の通学を半年程度実施
  • 施設に泊まりこみで1ヶ月程度の短期集中
  • 「前期」「後期」など、期間を分けて実施

実施期間についてはスクールによって様々ですので、スケジュールが自分のライフスタイルに合うかどうか?で結構候補が絞れてきます。

管理人が養成スクールに通っていたときのスケジュール

ちなみに私は当時、正社員OLとして働いていたので、「土日開催・1日5時間」の講座を半年かけて受講しました。

前期・後期と分かれているスタイルではなかったので、その期間は仕事とヨガの勉強以外のことはほとんどできず、半年間はゆっくり身体を休める休養日は全くなしという状況で結構体力勝負でした。

参考までに、当時のスケジュールはこんな感じです。

  • 平日・・・朝~夕方まで毎日仕事。週2回くらいは仕事後にヨガスタジオに行ってクラス受講。
  • 土日・・・朝からヨガスタジオに行き、クラスを1~2時間受講。その後5時間インストラクター養成講座を受講。

このスケジュールに加えて、空いた時間で養成講座で学んだことの復習もしていました。

平日・土日も自分のヨガの練習のためにヨガスタジオに通う時間を含めると、当時のスケジュールは正直かなりハードだったし、ヨガ漬けの日々でした。

聞いた話では私が受けたような途中のお休み期間がない講座では、途中で講座を辞めてしまう人も多いそうです。

なので、今考えると「前期」「後期」と少し間があくタイプの講座は余裕をもって学べてメリットがあるなと思います。

人それぞれ好みや状況が違いますので、自分の状況や体力をよく考えてシュミレーションすると良いですね。

ヨガ資格スクールの失敗しない選び方

費用や開催日程などの条件以外で、どうゆう視点で確認していくとスクールを選ぶと失敗が少ないか?書いていきます。

同じヨガでもスクールによって、学べる内容は全く違うものになってきます。

私が現役インストラクターとして活動できているのも、きちんとしたスクールに通うことができたことが大きいと思うので、これからヨガイントラとして活躍したい方は真剣に選んでください!

自分が学びたいヨガの流派であるか?

RYT200がとれる講座と言ってもそれぞれのスクールで講座の内容は全く違います。

ヨガには流派がいくつもあり、流派によってヨガに対しての考え方や推奨されるライフスタイル、ポーズのとり方、ポーズの名前まで違ってきます

https://romi7blog.com/yoga-style

基本的にはスクールを決める前に色々な流派のヨガを体験してみて、自分に合う流派・学んでみたい流派で選ぶのが良いと思います。

ヨガインストラクター養成の実績があるスクールか?

そのスクールが過去に多くの優秀なインストラクターを輩出している実績があるかどうか?はインストラクターとして活躍したいのであれば、個人的にはかなり重要だと思います。

なぜなら、私個人の体感としての話なのですが、ヨガスタジオの求人に応募するときも、実績のあるスクール出身ということで多少優遇されることがあると思うからです。

というのも、私が卒業したヨガスクールは、昔からヨガ指導者養成をしていて実績がある学校だったのです。

ヨガ業界の関係者では恐らく知らない人ほぼいないのでは?というくらい有名なヨガスクールで、スクールの代表もヨガ業界の大御所の先生でした。

現在、ヨガインストラクターのオーディションに合格するのは競争率が高く難しい(特に常温ヨガでは)と言われていますが、私はインストラクターとして活動し始めて2か月で4か所の常温ヨガスタジオと契約しレギュラークラスを担当できています

なぜ私が合格できたのか?を考えてみると、面接のときに「養成校はどこか?」という話題になったときに、私がスクール名を答えると採用担当者の食いつきがかなり良かった・・と思います。笑

それに私が今契約しているヨガスタジオのうち1つは、そのスタジオの代表(こちらも大御所)が私の卒業した養成スクールの代表と繋がりがあり仲が良い、というのも後から聞いた話で分かりました。

なので恐らく、書類選考や面接で、「実績のある養成スクール出身である」ということが有利に働いたのだと思います。

逆にいえば、ヨガ指導の実力がきちんとある人でも、養成校があまり知られていないスクールだったら書類選考の段階で損をしている可能性もあるということも考えられます。

繰り返しますが、これは私個人が体験して感じたことですので、絶対こうだ!とは言えませんし、もちろん有名校でなくても素敵なスクールは沢山あると思います。

ただヨガの学びを深めたいという目的でスクールに通うのであれば特に拘らなくてもOKですが、本気でヨガインストラクターとして活躍したい!と考えているのであれば、少しでもそれに近づけるようにスクール選びもしていくと良いと思います。

メイン講師との相性が合っているか?

同じ流派のヨガでもスクールや先生個人によって得意分野や特徴が違ってきます。哲学のことに詳しい先生もいれば、解剖学に詳しい先生もいますし、ヨガに対しての解釈の仕方も違ってきます。

また、当たり前ですが性格も合う・合わないがあるので、まずは養成コースをメインで担当する先生のクラスを受けてみて、「この先生からヨガを学びたいか?」「この先生を尊敬できるか?」という視点で選ぶと失敗は少ないと思います。

ヨガインストラクター養成講座の定員数が多すぎないか?

講座受講の定員数が多すぎるスクールは要注意です。

スクール側としてはできるだけ人数を多くした方が経営面で良いのでしょうが、受講者側からすれば定員数が増えるほど、質問しにくい・先生から名前も覚えてもらえない・ポーズのとり方が合っているか直接見てもらえない、といった不満が出てきやすいです。

ちなみに私は18人編成の養成スクールを受講したのですが、体感的にはこれ以上人数が多いと学びも浅くなると思いました。20人を越える定員を設けている場合は少し考えた方が良いかもしれません。

まとめ

自分に合ったスクールや先生に出会えれば、資格取得後もヨガに関することを相談できる関係性が生まれ、ますますヨガの学びが深まります。

なので、「資格を取得する」ということを目的とするよりも、資格取得の後に自分のヨガの学びが深まるか?とか指導力が身につくか?というより実践的なことを目的にすると良いと思います。

ヨガインストラクターとして活動していくためには、まずは今日お伝えしたの条件がそろった養成スクールを卒業することが近道です。

以上のことに注意して、是非後悔しないヨガスクールを選び取ってください。